マリエン薬局のメディカルアロマオイルをよりお楽しみいただくためにご覧下さい。

アロマオイルを使う前の注意点

一般的なアロマオイルの注意事項

メディカルアロマオイル 日本では、リラックスなど、娯楽目的のために使用されることが多く、雑貨扱いされる精油(エッセンシャルオイル)ですが、 海外では医薬品として取り扱っている国もあり、精油の作用には医学的な面からも注目が集まっています。そのため、取扱いには充分な注意が必要です。

家庭のアロマテラピーで精油を使用する場合、ラベルを確認し、100%純正のものを選択するようにしましょう。できれば、信用のおける製造元から販売されているものを入手することが安心です。
ただし、芳香浴目的だけのために精油を選択する場合には、自分にとって心地よい香りであれば、100%純正である必要はないでしょう。その場合は決して肌への塗布やマッサージなどには使用しないようにしてください。

また、精油は植物の天然のパワーが凝縮したものです。たった1滴でも大変パワフルな作用があり、種類によっては皮膚刺激や光毒性(塗布後直射日光に当たるとシミになる)をもつ精油もありますので、精油の特性をよく理解し、決して原液を肌に直接つけず、100%純正の植物油等を用い、適正な割合で希釈して使用することが大切です。
使用時には必ずパッチテストを行い、肌に異常がないことを確認した上で使用するようにしてください。

精油は揮発やすい性質を持っていますので、使用後は蓋をしっかりと閉めて冷暗所に保管し、開封後はなるべく早く使い切ることが大切です。香りが変化してきたら成分が劣化していると考え、使用しないようにしましょう。
精油は可燃性です。火のあるところに保管するのは避けましょう。 小さなお子さんが口に入れたり、誤って誤飲する事故が海外で報告されています。お子さんの手の届かない所に保管するようにしてください。
赤ちゃん、妊婦の方、お年寄りの方や特定の疾患のある方は避けた方がよい精油もありますので使用には注意しましょう。

ここが違う・マリエン薬局のオリジナルアロマオイル

メディカルアロマオイル マリエン薬局のアロマオイルはもちろん100%純正。
薬効の高い高品質な精油、及び植物油のみを厳選して使用しています。 刺激の少ない高品質な植物油に精油を適正な比率で溶かしていますので、ボトルから出して直接お肌に塗ってお使いいただくことができます。 光毒性があるといわれる成分はすべて排除していますので日中も安心してご使用いただけます。
複数の精油をブレンドすることでトラブルへの相乗効果がご期待いただけるとともに、芳香成分のバランスが整い、どなたにも心地よいと感じる香りに仕上がっています。特に日本人に好まれる香りとなるよう工夫しています。 もし、香りが少し苦手かな・・・というブレンドアロマオイルがあっても、何回か使用してみましょう。 身体に必要な 成分であれば徐々に慣れ、体調が整ってくるでしょう。

また、アロマオイルを入れているボトルにドロッパーを付け、オイルが1滴ずつ(約0.05ml)出るようにしており、一度にたくさん出すぎないよう、安全面にも配慮しています。  アロマテラピー初心者の方にも面倒な器具や材料なしで手軽に簡単に楽しんでいただけるよう工夫していますのでどなたでもご安心の上、お使いいただけます。

オリジナルアロマオイルの注意事項

肌には極めてやさしく作用するアロマブレンドですが、ごく稀に、含まれる特定の植物油や精油に反応してしまう方がいらっしゃいます。そのため、必ずご使用前にはパッチテストを行い、肌に異常が現れないことを確認していただいた上で使用するようにしてください。
※パッチテストの行い方…腕の内側のやわらかい部分に塗り、数時間から1日程度放置し、かぶれや痒みなどの変化が見られないか確認をします 塗布後、万が一肌に異常が感じられた場合は直ちに水、必要であれば石鹸で洗い流し、かかりつけのお医者様にご相談なさってください。

保管方法は、一般の精油類と同じです。冷暗所で保管の上、開封後はなるべく早く使い切るようにしてください。保管状態に よってアロマオイルの状態は大幅に異なってきます。使用期限以内であっても香りが変化してきたら成分が劣化していると考えられますので、そのオイルは使わないようにしてください。
誤って小さなお子さんがなめてしまっても、問題はありませんが、飲用ではありません。乳幼児の届かない場所に保管するようにしてください。
マリエン薬局のアロマブレンドはどなたにも安心してお使いいただけますが、赤ちゃん、妊娠初期の方には使用を避けた方がよい精油が含まれているものもありますので詳しくは各アロマブレンドの詳細をご覧ください。

  • 鼻用アロマオイル
  • レスキューアロマオイル
  • のど用アロマオイル
  • 不眠用アロマオイル
  • 胃腸用アロマオイル
  • 不安・緊張用アロマオイル
  • ストレス対策アロマオイル
  • 高血圧対策アロマオイル

ページの先頭へ