マリエン薬局のメディカルアロマオイルをよりお楽しみいただくためにご覧下さい。

アロマテラピーとは

アロマテラピーとは、花や葉、木など、自然植物が持つ芳香成分を利用することで、身体や心を健康な状態へと導いたり維持したりする自然療法です。

ここでいう芳香成分とは、「精油(エッセンシャルオイル)」に含まれる成分のことを意味します。精油には、様々な心理的、 精神的、肉体的に有効とされる成分が含まれていることが科学的にも証明されています。

精油については、まだ研究段階でわからないことが多いのも事実ですが、精油の有効成分に注目し、世界各国では、リラックス目的、美容目的、医療目的などのために広く活用されています。

例えば、ハーブティーを飲んだり、美しい花の香りを嗅ぐと穏やかな気持ちになることはないでしょうか?

またレモンやオレンジなどかんきつ類の香りを嗅ぐとリフレッシュした気持ちになったりすることはありませんか?それらはすべて植物の香りの作用によるものです。広い意味ではこれらもアロマテラピーと捉えることができます。

つまり、芳香浴やマッサージ、肌への塗布などによって精油を体内に取り込み、その薬理効果によって心身を健康な状態に導くこと、それがアロマテラピーです。

アロマテラピーのはじまり

アロマテラピーという言葉は、フランスのaromaとtherapie(英語:therapy)を組み合わせた造語です。aroma(芳香)とtherapy(療法)、つまり芳香療法として日本語では説明されています。

フランス人科学者であり、調香師でもあったルネ・モーリス・ガットフォセが、自身のやけど治療の経験から精油の治療的効果に注目し、「Aromatherapie」(芳香療法)という本を出版したのが「アロマテラピー」という言葉の始まりだといわれています。

「香り」は歴史的に見ても古代から様々なところで活用されており、薬や薫香、浸剤として使われていたという記録が残っています。

絶世の美女と言われたクレオパトラがバラを好み、入浴や香水など、日常的にバラの花を使っていた、というのは有名な話ですし、中世ヨーロッパではペストが流行った際、殺菌消毒のためにハーブや精油が活用されたという記録も残っています。

日本にも古くから「香道」が存在しますし、平安時代の貴族たちが部屋や着物に香りをくゆらせ、礼儀として、また遊びとして香りを活用していた歴史があります。さらに菖蒲湯やゆず湯など、民間に広まり、現在にも継承されている香りの療法がたくさん存在しています。

精油を用いたアロマテラピーは主にヨーロッパを中心に広まってきましたが、フランスとイギリスでは精油の扱いが異なります。フランスはメディカル、つまり主に医療目的で使用されています。イギリスではホリスティック、簡単にいえば、リラグゼーションのためのマッサージなど、心身のバランスを整える目的で用いられています。

日本でのアロマテラピー

日本ではどちらかというとイギリス的な要素を含んでいるものが多いよう見受けられますが、ドイツでは、どちらかに偏ることはなく両方の良い部分を取り入れて活用されています。マリエン薬局では、今回のアロマブレンドに関して、特定のトラブルに対処できるよう、精油の薬理効果に注目するとともに、日本の方々に取り入れられやすいよう、心身のバランスを整える、つまりホリスティックな作用も期待して製品の製造にあたっています。

日本に「アロマテラピー」がとり入れられた歴史はまだ浅く、1980年頃から徐々に紹介され始めましたが、当初はまだ人々の関心も薄く、急速に広まったのは1990年以降になってからです。

最近の健康ブームに乗って人気が高まっているアロマテラピーですが、上手に使うことで様々な植物の恩恵に預かることのできる素晴らしい自然療法です。一時的なブームとして流されてしまうのではなく、その薬理効果を充分に理解し、活用し、しっかりと日本の文化として取り入れていきたいものです。

症状別ラインナップへ


ページの先頭へ